• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江藤淳の解説 - 小学館 大辞泉

[1932~1999]文芸評論家。東京の生まれ。本名、江頭淳夫 (えがしらあつお) 。保守主義を代表する評論家。昭和51年(1976)芸術院賞受賞。日本文芸家協会理事長などを歴任するが、夫人の死後、病苦により自殺。著作に「漱石とその時代」「小林秀雄」「海は甦える」「妻と私」など。

江藤淳の解説 - SOCKETS人物データベース

戦後日本を代表する作家・文学評論家。保守派の論客としても知られる。
出生地
東京府豊多摩郡大久保町字百人町(現・東京都新宿区)
生年月日
1932年12月25日 やぎ座
没年月日
1999年7月21日(享年66歳)
別表記
江頭淳夫 えがしら・あつお えとう・あつし