• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江藤淳の随筆。副題「41年間連れ添った愛妻への鎮魂記」。平成11年(1999)「文芸春秋」誌に発表。著者の生前に発表された最後の作品。妻の癌 (がん) 発覚から死に至るまでの夫婦の日々を克明に描く。

[文学/戦後の作品]カテゴリの言葉