淀君の解説 - 小学館 大辞泉

[1567~1615]豊臣秀吉の側室。名は茶々。父は浅井長政。母は織田信長の妹小谷の方。浅井氏滅亡後、柴田勝家に嫁いだ母とともに越前に移り、柴田氏滅亡後は秀吉の保護を受け、愛妾となった。山城の淀城に住み、長男鶴松・次男秀頼を産んで権勢を誇ったが、大坂夏の陣で自刃。淀殿。

出典:青空文庫