• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

源高明の解説 - 小学館 大辞泉

[914~983]平安中期の公卿。醍醐天皇の皇子。通称、西宮左大臣。源の姓を賜り、臣籍に降下。安和 (あんな) の変で大宰権帥 (だざいのごんのそち) に左遷。学を好み、有職故実に詳しかった。著「西宮記」。