• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

石頭希遷の解説 - 小学館 大辞泉

[700~790]中国、唐代の禅僧。六祖慧能 (えのう) ・青原行思 (せいげんぎょうし) に師事。衡山の南寺の石上に庵を結んで座禅をしたところから、石頭和尚とよばれた。馬祖道一とともに禅宗の振興に尽力。諡号 (しごう) 、無際大師。著「参同契」。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉