箕子の解説 - 小学館 大辞泉

中国、殷 (いん) 紂 (ちゅう) 王の叔父。名は胥余 (しょよ) 。紂王に仕え、微子・比干とともに三賢とよばれたが、諫言して入れられず去った。荒廃した殷の廃都を詠じた「麦秀の歌」が有名。朝鮮に行き、箕子朝鮮を建国したとも伝えられる。

[世界史/世界史の人物]カテゴリの言葉