• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

菅原孝標女の解説 - 小学館 大辞泉

[1008~?]平安中期の女流文学者。父孝標は道真の玄孫。母は藤原倫寧 (ともやす) の娘で、道綱母の異母妹。30歳を過ぎて祐子内親王に出仕、橘俊通の妻となった。生涯を回想的に描いた「更級 (さらしな) 日記」があり、「浜松中納言物語」「夜の寝覚 (ねざめ) 」の作者ともいわれる。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉