高杉晋作の解説 - 小学館 大辞泉

[1839~1867]江戸末期の勤王家。長門 (ながと) の人。号、東行 (とうぎょう) 。長州藩に仕え、松下村塾に学び、奇兵隊を組織した。四国艦隊下関砲撃事件には正使として和議を結び、のち藩論を討幕に統一、第二次長州征伐の幕府軍を破った。
古川薫の歴史小説。昭和48年(1973)刊行。副題「戦闘者の愛と死」。

高杉晋作の解説 - SOCKETS人物データベース

奇兵隊の創設などで知られる長州藩士。
出生地
長門国萩城下菊屋横丁(現・山口県萩市)
生年月日
1839年9月27日 てんびん座
没年月日
1867年5月17日(享年27歳)
別表記
東行