出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. うそや偽りでないこと。にせものでないこと。本当。真実。ほんもの。「真の芸術」「真の勇気」

  1. まじりけがないこと。本来の意味どおりであること。「真の紅」「真の正方形」

  1. 道理として正しいこと。真理。「真を究める」

  1. まじめなこと。真剣なこと。また、そのさま。「真になって相談にのる」

  1. 論理学で、ある命題が事実と一致すること。また、そのさま。⇔偽 (ぎ) 。「逆もまた真なり」

  1. 楷書」に同じ。「真、行、草」

  1. (「心」とも書く)

    1. ㋐華道で、構成の中心となる枝。役枝 (やくえだ) 。

    2. ㋑「真打 (しんうち) 」の略。