出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 種々の炭化水素の混合物を主成分とする液状の物質。海底に堆積 (たいせき) した生物遺体がバクテリアの作用や熱・圧力で分解してできたとされる。天然のままのものを原油とよび、蒸留精製してガソリン灯油軽油ピッチなどを得る。燃料・化学工業用原料として重要。

  1. 特に、灯油の俗称。

出典:青空文庫

出典:gooニュース