出典:デジタル大辞泉(小学館)

中国および日本で用いたインドの古称。「後漢書」西域伝に初見。
  1. 天竺木綿」の略。

  1. そら。天。

    1. 「此の頃の御有様は、さりとも見たてまつりなば、―へも憧れじ」〈狭衣・一〉

  1. 接頭語的に用いて、遠方・外国・舶来の意を表す。「天竺鼠 (ねずみ) 」「天竺牡丹 (ぼたん) 」

  1. (「唐 (から) (=中国)過ぎる」のしゃれから、食品名に付けて)辛すぎる、の意を表す。「天竺みそ」「天竺ひしお」

出典:青空文庫