なな‐くさ【七種/七草】 の意味

なな‐くさ【七種/七草】の慣用句

  1. ななくさがゆ【七草粥/七種粥】
  1. ななくさたたき【七種叩き】
    • 七種の節句の前夜または当日の朝、まな板の上に春の七草をのせ、「ななくさなずな、唐土(とうど)の鳥が日本の土地へ渡らぬさきに、ストトントンとたたきなせえ」などとはやしながら包丁・すりこぎなどで叩くこと。ななくさばやし。
  1. ななくさづめ【七種爪】
    • 正月7日に、邪気を払うとして、7種の菜をゆでた汁に指先を浸したりしたあとに爪を切ること。七日爪。薺爪(なずなづめ) 新年》
  1. ななくさのいわい【七種の祝(い)】
  1. ななくさのせっく【七種の節句】
    • 五節句の一。七草がゆを食べて祝う正月7日の節句のこと。七種の祝い。人日(じんじつ)
  1. ななくさのたから【七種の宝】
  1. ななくさばやし【七種囃し】