1. 春に芽ばえたばかりの食用になる草。「若菜を摘む」

  1. 年頭の祝儀に用いる七種の新菜。古く宮中で、正月の初の子 (ね) の日(のち7日)に、万病を除くとしてこれを羹 (あつもの) にして食べる習わしがあった。

  1. 正月7日に七種の新菜を入れて作る餅粥 (もちがゆ) 。2の風習が民間行事化したもの。若菜粥。七草粥。 新年》

源氏物語第34・35巻の巻名。上・下に分ける。光源氏39歳から47歳。女三の宮の光源氏への降嫁、明石女御の皇子出産、柏木と女三の宮との事件などを描く。
狂言。和泉流。果報者が仲間と野遊びに出かけ、若菜摘みに来た大原女 (おはらめ) たちと出会って酒盛りとなる。