出典:デジタル大辞泉(小学館)

連歌・連句で、一巻 (ひとまき) のうち、花の句を詠みこむ箇所。歌仙では、初裏 (しょうら) の11句目と名残 (なごり) の裏の5句目の2か所。百韻では、初裏・二の裏・三の裏のそれぞれ13句目と名残の裏の7句目の4か所。花の座。→月 (つき) の定座

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉