出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 古浄瑠璃の一。杉山丹後掾 (たんごのじょう) の子の杉山肥前掾が江戸で語ったもので、寛文(1661~1673)ごろに流行。

  1. 歌舞伎下座音楽の一。1を模倣した合方 (あいかた) 。大鼓・小鼓を伴い、時代物で武将の物語などの伴奏として用いる。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉