ぶんろく‐の‐えき【文禄の役】 の意味

  1. 文禄元年(1592)豊臣秀吉の征服を目的に朝鮮に出兵した侵略戦争。約16万の軍を釜山に上陸させ明の国境まで進出したが、明の援軍、朝鮮水軍の攻撃や民衆蜂起などによって劣勢となり停戦。→慶長の役