[名](スル)
  1. 他人のことに立ち入って自分の意思に従わせようとすること。「他人の生活に干渉する」

  1. 国際法で、一国が他国の内政・外交に、その国の意思に反して介入すること。「武力干渉」

  1. 二つ以上の同じ種類の波が重なって、互いに強め合ったり弱め合ったりする現象。音波でのうなり、光波での干渉色によるシャボン玉の色づく現象など。

不正な手段を用いて利益を得ようとする悪賢い商人。悪徳商人。

[名](スル)一方的に勝つこと。完全な勝利。「大差をつけて完勝する」⇔完敗
  1. 中央の官庁。内閣の各省。

  1. 律令制太政官八省

手紙で、時候のあいさつなどを省略すること。また、そのときに書く語。前略。

簡単な見張り台や探照灯などを備え付けた軍艦のマスト。

  1. 勤行 (ごんぎょう) や法会 (ほうえ) などの開始を報じる小形の梵鐘 (ぼんしょう) 。半鐘。

  1. 茶の湯で、用意が整って客に入室を合図するために鳴らす鐘。

[名](スル)そのことをするようすすめ励ますこと。「貯蓄を勧奨する」「退職勧奨」
[名](スル)《「かんじょう」とも》褒美などを与えて励ますこと。ほめて引き立てること。けんじょう。「勧賞すべき功績」

室町中期、後花園天皇後土御門天皇の時の年号。1460年12月21日~1466年2月28日。

  1. 物事に感じて心をいためること。

    1. 「そう思うと、なんだか―の情に堪えない」〈藤村

  1. 物事に感じやすく、すぐ悲しんだり同情したりする心の傾向。また、その気持ち。「感傷におぼれる」「感傷にひたる」

[名](スル)
  1. 感心してほめたたえること。

    1. 「人皆な其才識に―せざるはなし」〈菊亭香水・世路日記〉

  1. 手柄をほめて与える褒美。

[名](スル)
  1. 自分の管轄の職務として責任をもって取り扱うこと。「会計事務を管掌する」

  1. 旧市制・町村制において、市町村長・助役・収入役などに故障のある場合に、監督官庁が官吏を派遣してその職務を行わせたこと。現行の地方自治法ではこれを認めない。職務管掌。

[名](スル)かかわり合うこと。また、他人のことに口を出すこと。干渉。
  • 「理に二た通りあって、其理が互に少しも―して居ない」〈西周・百一新論〉

喜び楽しんで笑うこと。

対立している物などの間にあって、衝突や不和などを和らげること。また、そのもの。

環状をした珊瑚礁 (さんごしょう) 。内側は礁湖となる。太平洋およびインド洋にみられる。「ビキニ環礁」

簡単にすばやく行われること。

  1. 気象を観測すること。

  1. 易の占 (うら) を見ること。

[名](スル)
  1. 主観をまじえないで物事を冷静に観察して、意味を明らかに知ること。

    1. 「僕は単に存在するものをそのままの状態で―して」〈島木健作・続生活の探求〉

  1. 美学で、対象の美を直接的に感じ取ること。美の直観。

[名](スル)物を見て、その美しさや趣などを味わい楽しむこと。「梅の花を観賞する」
[名](スル)芸術作品などを見たり聞いたり読んだりして、それが表現しようとするところをつかみとり、そのよさを味わうこと。「名曲を鑑賞する」「鑑賞力」

[名・形動]

  1. ちょっとした刺激にもすぐ怒る性質。激しやすい気質。また、そのさま。「―な(の)子供」

  1. 異常に潔癖な性質。また、そのさま。神経質。「―に隅から隅まで掃除する」

バナナの漢名。

出典:青空文庫