出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 昔の歌文、特に和歌に用いられる修辞法の一。一定の語句に冠してこれを修飾し、または語調を整える言葉。普通は5音、まれに3音・4音などのものもある。「あしひきの」「たらちねの」「ひさかたの」など。冠辞。

  1. 前置きの言葉。

  1. 寝物語。枕物語。

    1. 「二つならべて―ぢゃ」〈西鶴大矢数

出典:青空文庫

出典:gooニュース