出典:デジタル大辞泉(小学館)

奈良時代の歌集。20巻。大伴家持 (やかもち) が現存の形に近いものにまとめたとされる。成立年未詳。短歌長歌旋頭歌 (せどうか) 仏足石歌連歌の五体で、歌数4500余首。仁徳天皇の皇后磐姫 (いわのひめ) の作といわれる歌から、天平宝字3年(759)大伴家持の歌まで約400年にわたる全国各地、各階層の人の歌が収められる。東歌 (あずまうた) 防人 (さきもり) 歌などを含み、豊かな人間性を素朴・率直に表現した歌が多い。現存する最古の歌集で、万葉仮名を多く用いている。まんにょうしゅう。