出典:デジタル大辞泉(小学館)

カサゴ目オニオコゼ科の海水魚。全長約20センチ。目が突出し、口は大きくて上を向き、頭部は凹凸が激しい。うろこはない。背びれのとげの基部に毒腺があり、刺されると痛い。本州中部以南に分布し、生息深度によって体色が変化する。鍋料理や吸い物にして賞味。古くから、山神の供物とする風習がある。おこぜ。 冬》

[生物/動物名]カテゴリの言葉

[冬/動物]の季語