《「馬」の字音「マ」から変化したものという。平安時代以降「むま」と表記されることが多い》

  1. 奇蹄 (きてい) 目ウマ科の哺乳類。体は一般に大形で、顔が長く、たてがみがあり、長い毛の尾がある。力強く、走ることが速い。古くから家畜とされ、農耕・運送・乗用・競馬などに用いられ、肉は食用。東洋種の蒙古馬 (もうこうま) ・朝鮮馬、日本在来種の木曽馬・北海道和種、西洋種のアラブ(アラビア馬)・サラブレッドペルシュロンなどがある。こま。

  1. 踏み台。脚立 (きゃたつ) 。

  1. 競馬。

  1. 将棋で、桂馬または成角 (なりかく) の略称。

  1. 《「付け馬」の略》料理屋などで、勘定の未払いを取り立てるために客の家までついて行く者。

  1. 動植物などの同類の中で、大きなものの意を表す語。「馬すげ」「馬ぜみ」

[補説]作品名別項。→

うま

山本嘉次郎監督による映画の題名。昭和16年(1941)公開。チーフ助監督として黒沢明が参加。東北の農村を舞台に、馬を育てる少女を姿をドキュメンタリータッチで描く。出演、高峰秀子、藤原鶏太ほか。