出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 皮膚の汗腺 (かんせん) から分泌される液。水と、微量の食塩尿素などからなり、皮膚の乾燥を防ぎ、また、体温の調節をする。興奮・恐怖などの精神的影響からも手のひらや足の裏などに分泌する。「汗が吹き出す」「汗にまみれる」「汗をぬぐう」「汗が引く」「手に汗を握る激しいレース」 夏》

  1. 物の表面に、内部からにじみ出たり、空中の水蒸気が凝結したりしてつく水滴。「グラスが汗をかく」