• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あせ【汗】 の意味

  1. 皮膚の汗腺 (かんせん) から分泌される液。水と、微量の食塩尿素などからなり、皮膚の乾燥を防ぎ、また、体温の調節をする。興奮・恐怖などの精神的影響からも手のひらや足の裏などに分泌する。「汗が吹き出す」「汗にまみれる」「汗をぬぐう」「汗が引く」「手に汗を握る激しいレース」 夏》
  1. 物の表面に、内部からにじみ出たり、空中の水蒸気が凝結したりしてつく水滴。「グラスが汗をかく」

あせ【汗】の慣用句

  1. 汗になる
    • 働いたり動き回ったりして汗を流す。「日夜―・って動き回る」
    • 汗の出るほど、恥ずかしさ、恐ろしさを感じる。
      「恐ろしき物語どもをして、おどされしかば、まめやかにみな―・りつつ」〈右京大夫集詞書
  1. 汗の結晶
    • 努力・苦労をして得られた成果。「血と汗の結晶」
  1. 汗を入れる
    • ひと休みして汗の出るのを抑える。また、ひと休みして汗をふく。
      「さあさあ済んだと…皆々―・れにける」〈浄・妹背山
  1. 汗をかく
    • 汗が出る。
    • 冷や汗が出る。はらはらする。
    • 自分から進んで行動する。一生懸命努力する。「人任せにせず、―・くことが必要だ」
    • 物の表面に水滴が生じてぬれる。「冷えたビール瓶が―・く」
    • 食物などが腐りかけたために表面がべとつく。「ハムが―・く」
  1. 汗を流す
    • 一生懸命に身体を動かす。労苦をいとわず働く。「被災者救護に―・す」
    • 湯や水を浴びて汗を洗い落とす。「一風呂浴びて―・す」
  1. 汗を握る