出典:デジタル大辞泉(小学館)

(ポルトガル)Cambodiaから》ウリ科の蔓性 (つるせい) の一年草。茎は五角柱で、巻きひげがあり、地をはう。葉は大形の心臓形。夏、黄色の雄花と雌花とをつけ、大形の扁球状などの実を結ぶ。果実および種子は食用。熱帯アメリカの原産で、日本にはポルトガル船によってもたらされた。カンボジア原産と考えられたところからの名という。とうなす。からうり。なんきん。ぼうぶら。 実=秋 花=夏》「我が―ひき臼程になりにけり/虚子

[補説]「南瓜」とも書く。

出典:青空文庫

出典:gooニュース