出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 役所の事務を、専門に担当して処理すること。また、その人。

    1. 「清麻呂を遣はしてその事を―せしめ」〈続紀・延暦〉

  1. 律令制で、大蔵省の率分所 (りつぶんしょ) ・長殿 (ながどの) や記録所などの職員。

  1. 摂関家侍所で、別当の下にあって事務を執った者。

  1. 真言宗天台宗などで、寺の事務を執る役僧。

  1. 盲人の官名の一。検校 (けんぎょう) 別当の下位、座頭の上位。

  1. 勾当内侍 (こうとうのないし) 」の略。

出典:青空文庫

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉