出典:デジタル大辞泉(小学館)

中国の故事。唐の禅僧石鞏 (せっきょう) が、参禅に来た三平(義忠禅師)に弓を向けて試したところ、三平は弓を恐れず胸を開き、それは人を殺す矢か活 (い) かす矢かとたずねたので、深く感じ入ったという。画題とされる。石鞏張弓。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉