• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
加藤周一の小説。昭和24年(1949)、「人間」誌に連載。昭和25 年(1950)、単行本刊行。医学生を主人公に、太平洋戦争末期から敗戦までの日々を描く。
《原題、(イタリア)Un bel dì vedremoプッチーニ作曲のオペラ「蝶々夫人」の第2幕の有名なアリア。主人公蝶々が、米国に去ってしまった夫ピンカートンを待ちわびる心情を歌ったもの。