1. 朝日の光。旭暉 (きょっき) 。

  1. 紋所の名。朝日の光をかたどったもの。

  1. 曲がりくねって行くこと。

  1. まちがった行為。不正な行為。

昭和53年(1978)2月に打ち上げられた科学衛星EXOS-A (エクソスエー) の愛称。東京大学宇宙航空研究所(後の宇宙科学研究所、現JAXA、宇宙航空研究開発機構)が開発。名称はオーロラを意味する「極光」に由来する。大気圏外におけるオーロラ観測を目的とし、紫外線領域でのオーロラ撮像に成功。またオーロラ出現時のプラズマの乱れなどを発見した。平成4年(1992)8月に運用終了。

出典:青空文庫