1. 詩歌や文章を批評して評点をつけること。訂正する所や要所などに点を打つこと。また、その点。

  1. 非難すべき点。欠点。きず。

[名](スル)書状などを開いて見ること。
  • 坤輿の図を—すれば」〈雪嶺・真善美日本人〉

空中を舞って仏をたたえ、仏の世界を守る天人・天女

平成2年(1990)1月に打ち上げられた工学実験衛星MUSES-A (ミューゼスエー) の愛称名称空中を舞う天人、飛天にちなむ。宇宙科学研究所(現JAXA (ジャクサ) )が開発。衛星制御、月のスイングバイ実験地球空力ブレーキ実験、同衛星と孫衛星はごろもの月周回軌道への投入などに成功。平成5年(1993)4月に運用終了し、月面落下した。

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年5月