• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

パキスタン北東部、パンジャブ州の都市ラホールにあるモスク(イスラム寺院)。旧市街北西部に位置し、ラホール城に隣接する。17世紀後半、ムガル帝国第6代皇帝アウラングゼーブにより創建。外壁に赤い砂岩、ドームに白大理石を用い、四隅に高さ約60メートルの尖塔が立つ。160メートル四方の正面広場は一度に10万人の礼拝が可能。南アジア有数の規模を誇るモスクとして知られる。バードシャヒーモスク。バドシャヒーモスク。