• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

文久3年(1863)8月18日の政変で、公武合体派に敗れた尊王攘夷派の公卿、三条実美 (さんじょうさねとみ) 三条西季知 (さんじょうにしすえとも) 東久世通禧 (ひがしくぜみちとみ) ・壬生基修 (みぶもとなが) ・四条隆謌 (しじょうたかうた) ・錦小路頼徳 (にしきこうじよりとみ) ・沢宣嘉 (さわのぶよし) の7名が、再挙を図るため京都を脱出、長州藩に落ちのびた事件。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉