• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代文学の一区分。元禄期(1688~1704)を頂点として京坂で行われた町人文学。生命力にあふれた文学で、井原西鶴浮世草子近松門左衛門らの浄瑠璃松尾芭蕉らの俳諧などがその代表。→江戸文学

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉