• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

日本文学史において、平安時代に成立した文学。仮名文の使用とそれに伴う国風の貴族文学を中心とする。「もののあわれ」を主潮とする優美な情趣を理念とし、後世の日本人の美意識に大きな影響を与えた。古今和歌集などの和歌文学、伊勢物語源氏物語などの物語文学、土佐日記蜻蛉日記などの日記文学、随筆の枕草子や、歴史物語説話文学などが生まれた。平安時代文学。平安文学。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉