1. 皮をはいだだけの材木。丸材。まるたんぼう。

  1. (「丸田魚」とも書く)コイ科の魚。全長約50センチ。体形・体色はウグイによく似るが、婚姻色は腹側に1本のみ現れる。本州中部地方から北の河口域や内湾にすみ、産卵期に川を上って中流域で産卵する。食用。

  1. 江戸時代、比丘尼 (びくに) 姿の売春婦を卑しんでいった語。

    1. 「やかましい―めら、暮れに及んで何事ぢゃ」〈浄・女楠〉

[生物/動物名]カテゴリの言葉

出典:青空文庫