• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

仮名草子。2冊。鈴木正三 (しょうさん) 作。寛永9年(1632)ごろの刊か。戦乱で夫に死別した二人の尼により、仏の道を説く。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉