• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

田の用水として、水の流れをせき止めてためてある所。井堰 (いせき) 。

京都府南部、綴喜 (つづき) 郡の地名。左大臣橘諸兄 (たちばなのもろえ) が別荘を置いた所。西流する玉川は山吹と蛙の名所として知られた。[歌枕]

「かはづなく―の山吹散りにけり花のさかりにあはましものを」〈古今・春下〉