1. バラ科の落葉低木。山間の湿地に多く、群生する。葉は互生し、卵形で先がとがり、縁に二重のぎざぎざがある。晩春、黄色の5弁花を開き、実は暗褐色。古くから庭木とされ、八重咲きのものは実がならない。漢名、棣棠花。 春》「ほろほろと—ちるか滝の音/芭蕉

  1. 山吹色」に同じ。

  1. 《色が1の花の色に似るところから》大判小判金貨。黄金。

  1. 襲 (かさね) の色目の名。表は朽葉 (くちば) 、裏は黄。山吹襲。

  1. 紋所の名。1の花や葉を図案化したもの。

    1. フナをいう女房詞

    2. 白酒をいう女房詞。

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年7月