1. バラ科の落葉低木。山間の湿地に多く、群生する。葉は互生し、卵形で先がとがり、縁に二重のぎざぎざがある。晩春、黄色の5弁花を開き、実は暗褐色。古くから庭木とされ、八重咲きのものは実がならない。漢名、棣棠花。 春》「ほろほろと―ちるか滝の音/芭蕉

  1. 山吹色」に同じ。

  1. 《色が1の花の色に似るところから》大判・小判の金貨。黄金。

  1. 襲 (かさね) の色目の名。表は朽葉 (くちば) 、裏は黄。山吹襲。

  1. 紋所の名。1の花や葉を図案化したもの。

    1. フナをいう女房詞

    2. 白酒をいう女房詞。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉

[春/植物]の季語

出典:青空文庫

出典:gooニュース