• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 院の庁に仕えた事務官。五位・六位の者を任じた。

  1. 平安時代以降、国衙 (こくが) 領荘園の現地にあって、土地の管理や年貢の徴収などをつかさどった職。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉