• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

令外 (りょうげ) の官。左近衛府とともに、武器を持って宮中の警護、行幸の供奉 (ぐぶ) などをつかさどった役所。大同2年(807)中衛府を改めて右近衛府とした。右近司 (うこんのつかさ) 。右近。みぎのつかさ。みぎのちかきまもりのつかさ。⇔左近衛府

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉