和歌山市南部の海岸。和歌川の河口の、片男波 (かたおなみ) と称する砂嘴 (さし) に囲まれる入り江。玉津島神社・不老橋・観海閣などがあり、西に新和歌浦が連なる。[歌枕]

「―に潮満ち来れば潟をなみ葦辺をさして鶴 (たづ) 鳴き渡る」〈・九一九〉

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉

出典:青空文庫