1. ある行為の結果として身にはね返ってくる事柄。善悪いずれについてもいうが、現在では悪い行為の結果についていうことが多い。「悪行の―」

  1. 労苦に対するつぐない。報酬。

    1. 「何の―も望まないで」〈木下順二・夕鶴〉

  1. 前世の善悪の行為の結果が、現世で現れること。因縁によって果報を受けること。

  1. 仕返し。返報。

    1. 「海賊―せむといふなる事を思ふ上に」〈土佐

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫