• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「臥遊録」の「春山淡冶 (たんや) として笑うが如し」から》春の山の草木が一斉に若芽を吹いて、明るい感じになるようすをいう。 春》「故郷やどちらを見ても―・ふ/子規