1. 山の中にすむ鳥。山の鳥。

  1. キジ科の鳥。日本特産で、本州四国九州森林にすむ。雄は尾が長いので全長約125センチ、雌は約55センチ。全体に赤褐色で縦斑があり、尾には黒い横縞がある。単独または小さな群れで行動し、一夫多妻。雄は繁殖期に翼を羽ばたかせて音をたてる母衣打 (ほろう) ちをする。狩猟鳥。やまきじ。おひき。おなが。とおやまどり。 春》「—に翔たれつまづく雪の嶮/亜浪

  1. 2雌雄が峰を隔てて別々に寝るといわれたところから》ひとり寝することをたとえていう語。

[生物]の言葉

[動物名]の言葉

[季語]の言葉

[春]の季語

[動物]の季語

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。