• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 食物をつかさどる神。大宜都比売神 (おおげつひめのかみ) 保食神 (うけもちのかみ) 宇迦御魂 (うかのみたま) 豊受大神 (とようけのおおかみ) ・若宇迦乃売神 (わかうかのめのかみ) など。

  1. 宇迦御魂 (うかのみたま) 、すなわち稲荷 (いなり) の神の異称。「三狐神」とも当て字したので、キツネにこじつけられる。