1. 資格を得て退職した公務員や旧軍人軍属またはそれらの遺族に、国が恩給法に基づいて支給する一時金や年金。戦後、すでに受給権のある者以外は共済組合制度に移行。

  1. 中世の封建的主従関係で、家臣の奉公に対し主人が土地などを与えること。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉

[社会/政治]カテゴリの言葉

出典:青空文庫