バショウ科の常緑高木。高さ10~30メートル。葉は幹の先から左右2列に並んで出て、扇形になる。マダガスカル島の原産で、湿地に生え、葉鞘 (ようしょう) にたまる水を旅行者が利用したことから、旅人の木・旅人木 (りょじんぼく) ともいう。