1. たたいたりしてこわすこと。

  1. 江戸中期以降、凶作や買い占めなどで生活難におちいった民衆が、集団で米屋・高利貸し・酒屋などの富商を襲って家屋などを破壊し、米・銀などを奪ったこと。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

出典:青空文庫