古代、令 (りょう) 格 (きゃく) など法律を講究した学問。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉