奈良市、春日山の麓一帯の野原。[歌枕]

「―の飛火の野守いでてみよ今いくかありて若菜つみてむ」〈古今・春上〉

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉