• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

歌舞伎狂言。時代物。一幕。曽我兄弟がかたきの工藤祐経 (くどうすけつね) に対面する場面。享保(1716~1736)以後の江戸歌舞伎では、初春狂言の一番目大詰めに必ず演じられた。明治以降は河竹黙阿弥の台本により、「寿曽我対面」などの外題で一幕物として演じられる。対面。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉