《形が杏 (あんず) の葉に似ているところから》

  1. 唐鞍 (からくら) 面繋 (おもがい) 胸繋 (むながい) 尻繋 (しりがい) につける金属製または革製の装飾

  1. 胴丸腹巻などの肩上 (わたがみ) に、染め革でくるんでつけた鉄板

  1. 紋所の名。杏の葉を二つ左右から抱き合わせた形のものなど。ぎょよう。

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年5月